バニラエアの国内線ってどうなの?

バニラエアのアメニティに関して

国際線のように長時間座っていなければならない、というのであれば窮屈に感じてしまうかもしれませんが、国内線のように短時間のフライトであるのならば大して感じなかったです。
また、コストを削減するためにドリンクサービスやアメニティもありません。
これもまた国内線のフライトであるのならば特に問題ありません。
何時間も乗っている訳ではないので自分で持ち込んだ飲み物で十分でした。
アメニティに関してもJALやANAも普通に乗る分には大して何かある訳ではありませんので、寧ろサービスがない分安くなるのであれば問題ありませんし、コスパは良いです。
次はデメリットについてです。
JALやANAの場合、機内に持ち込むことが出来る手荷物は10キロとなっていますが、バニラエアは7キロと少し軽めになっています。
一応荷物は2つまで大丈夫でしたが、キャリーケースを持ち込んだりすることは難しく、旅行帰りの場合にお土産で増えてしまった荷物を2つに分けても少し難しい重さです。
更に荷物の預け入れが入っているプランもありますが、安いシンプルバニラやわくわくバニラだと荷物を預けるのも有料になってしまいます。

出張や旅行を移動を安くしたいなら格安航空を利用 / バニラエアのアメニティに関して / 機内持込みだけの荷物ならシンプルバニラで行くのがお勧め